タイ・プーケット島在住。タイならではの出来事や日々の体験、個人的な思い出などを書きとめています。


by phuketbreakpoint
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みにくいアヒルの子

「おう、マヨムか。どうだ、元気か」
「あー、パパ、サワッディー。元気、元気、どうしたの今日は?」
11月19日は、長女マヨムの誕生日です。私は、バンコクで大学に通っているマヨムに電話しました。
「誕生日おめでとう。いくつになったんだ?・・・22歳か。どうだ、新しいボーイフレンドは、できたのか?」
付き合っていた韓国人と別れた後、しばらく元気のなかったマヨムですが、新たな恋を探す方法として、フェイス・ブックに目をつけたようです。

しかし、マヨムのプロフィルを読んで呆れました。
「父は日本人で、某日系大企業の社長(いつの間に、私が!?)」
「母は、元ファッションモデル(いつの間に、ラントムが!?)」
「小さいときから、ヨーロッパで育てられ(いつの間に、あの子が!?)、近々、海外留学の予定」
だそうです。名前も、
「サクラ・ニシオカ・・・・?何だい、こりゃあ、自分で考えたのか?」
タイ人が思いつく、なんとなく、聞こえのいい日本名っていうのは、こんなもんなんでしょうか。

フェイス・ブックは、タイの若者たちの間で、爆発的に流行っているようで、先日プーケットに戻ってきたときにも、マヨムは、
「ちょっと、用事・・・」
と、出て行ったのですが、どうも、FBで知り合った男の子とデートしていたようです。しかも、相手は、お向かいのスイート・レストランの元マネージャーの一人息子で(こんなもん、サイト使わなくても、知り合えると思うんですが・・・)、お互いに、デタラメなプロフィルを読み合って、その気になり、会った途端に、全部バレて・・・。
そんなところなんでしょう。

マヨムには、こんな思い出があります。
「パパ、これ読んで」
あの子が小さいとき(幼稚園~小学校1,2年)、マヨムは、よく日本の絵本を読んでほしいと、私に、おねだりしてきました。全部で30冊以上ある絵本の中から、あの子が選んできたのは、「みにくいアヒルの子」でした。

次の日、
「パパ、これ読んで」
もってきたのは、また、「みにくいアヒルの子」です。
「これは、きのう読んだだろう。別のにしたら?」
「これでいいの。これ読んで」
そして、次の日も、
「パパ、これ読んで」
また、「みにくいアヒルの子」でした。
毎日、毎日、同じリクエストで、暫くすると、さすがに飽きたのか、おねだりに来なくなりましたが、忘れた頃になって、また、
「パパ、これ読んで」
再び、「みにくいアヒルの子」でした。あまりに何度も、繰り返していたので、終いには、ラントムも呆れてしまい、
「ちょっと、いい加減にしなさい。たまには、別の本にしなさいよ」
と、注意していましたが、私には、あの子の気持ちが、なんとなくわかりました。

姉として、一緒に暮らしてはいるものの、ラントムの親戚や、知人、周りの人間たちが関心を寄せるのは、いつも決まって、日本人の子である、妹や弟ばかり。
「ルーク・ニップン(日本の子)、ナーラック・ルーイ(かわいいなあ)!」
「やっぱり、白いわねえ。私も、こんな子欲しいわ」
誰が来ても、褒めていくのは、弟と妹だけです。
「どうして、わたしだけ、変なんだろう・・・」
本を読んでもらいながら、みんなからいじめられ、思い悩む主人公に、自分の姿を投影していたのでしょう。そして、物語のラストで、白鳥の子が美しく成長し、みんなを驚かす場面では、大いに溜飲を下げていたに違いありません。
「いつか、私も、きっと綺麗になってやる」
そんなことを、思っていたのでしょうか。

現在22歳のマヨムが、白鳥ほど綺麗になったかどうかは別として、あの子も、いよいよ大学を卒業する年になりました。
あの子は、同じバンコクにいる実の父よりも、プーケットにいる私に、親しみを感じているのか(ありがたい話です)、12月5日の父の日(国王の誕生日)や、私の誕生日には、いつも必ず電話をかけてきて、プレゼントも送ってきてくれます。
この前、送ってくれたのは、映画「ライオンキング」のポートレイトでした。ライオンの子が、お父さんライオンと、じゃれあっている、いかにも、マヨムが選びそうなイラストでしたが、これが、あの子の夢見る理想の父子関係なのかもしれません。
末娘のきよみとは、いつも、じゃれ合っている私ですが、血のつながりのないマヨムとは、どうしても、じゃれ合うことができませんでした。

そんなマヨムが最近、新たに、おねだりをしてきました。
「パパ、アメリカに留学したいの。行ってもいい?」
絵本を読む以外、ほとんど、おねだりしなかったマヨムの願いですから、叶えてやりたい気持ちは、十分にあるのですが、
「いったい、いくらかかるんだ?」
私は、かなり怖気づいていました。
「まず、行く前に、渡航費と授業料で・・・・」
(青ざめる、ラントムと私)
「それに、生活費が最低でも、一ヶ月・・・・・はかかるの・・・」
(ふらついて、後ずさりする、ラントム)
・・・・うーん、タイで家が買えちゃいますね。

しかし、マヨムの場合は、兄のシィンや、弟の、あきおと違って、手をつけた勉強は、ちゃんと最後まで終わらせて、卒業証書も、もらってきますから、
「全部パー」
にはならないでしょう。
金はかかりますが、ずっと、あの子の期待に応えてやれなかった私がしてやれる、せめてものプレゼントだと考えることにしましょう。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2009-11-26 11:26

幸せを呼ぶパンツ

ローシーズン初頭、冷え込んだプーケット観光ビジネスを象徴するかのように、長期休業に入った、お向かいの「スウィート・レストラン」ですが、近所でマッサージ店を経営する、オーストラリア人の男性が新しい経営書となり、再出発することになりました。
最初のうちこそ、
「素人が何考えてんだか・・・(私も似たようなもんですが)」
と余裕のあった私でしたが、10月に入るや、まるで、
"魔法でも、掛けられたかのように”
うちには、お客が入らなくなり、一方のスウィートレストランは、連日の大入りで、こちらのお客が、向こうに吸い取られてしまったように感じました。

曲がりなりにも、8年間、ラントムと、2人で苦労しながら、ここまで、お店を続けてきた私が、
昨日今日、乗り込んできた新参者に、いきなり、コテンパンにやられてしまい、屈辱を味わったのは言うまでもありませんが、それ以上に、損益分岐点を大幅に下回る営業が毎日続いている状況には、大きな危機感を感じました。

そんな中で、私は、プーケットを離れ、一時帰国することになります。
「日本で、のんびり考えれば、いい案が浮かぶかも・・・・」
こんな期待もあったかもしれませんが、東京で、久しぶりに再会した友人の話を聞いても、景気の悪いものばかりです。
「やっぱり、日本は大変なんだなー」
と改めて感じてしまったり、数年ぶりに体感した満員電車の窮屈さの中でも、
「こうやって、みんな、頑張ってるんだなー」
なんて思うと、別に、私が悪いことをしているわけでもないのに、なんだか、とっても、申し訳ないような気分になってきてしまいます。
そして、そういった雰囲気の中で、自分が直面している諸問題を改めて考えてみると、

・かつてないほど、厳しい営業が続いている。
・なおこは、高知でやっていけるんだろうか。
・あきおは、もっと心配だ。
・マヨムが留学したいと言っている。お金は大丈夫か。
・毎年、どんどん年をとってしまう(当たり前なんですが)。
・このところ体調も良くない(ピアノ疲れか?)。

1つ1つの現実と、真っ向から、向き合わねばならないような気がしてくるわけです。
「ヤバイ・・・・、何とかしないと、本当に、ヤバイ・・・・、このままじゃ、潰れる・・・」
のんびりするどころか、ますます、追い込まれ感が迫ってくるような気がしました。

ところが、成田空港から飛び立った飛行機が、バンコク・スワンナプーム国際空港に到着し、機内とゲートを繋ぐ連絡通路に足を踏み入れ、熱帯特有の、ムッと、くるような生暖かい空気に触れた途端、なんだか、急に視界が明るくなってくるような気分になるのは、どうしてなんでしょう。
日本から戻ってくる度に感じる、この開放感。やっと、安心して逃げ込める場所に戻ってこれた、という部分は確かに大きいのですが、それが、すべてでもないようです。

家に着くと、お店は、例によってガラガラで、営業的には最悪のままでしたが、ラントムが嬉しそうな笑顔で出迎えてくれました。お店が終わり、水シャワーを浴びて、寝間着に着替え、DVDを見ながら寛いでいたら、ラントムが上から降りてきます。

「お客さん、入ってないね・・・・」
「そうね、ここんとこ、ずっと、ダメねえ・・・・」
「なおこは、『友だちが少なくて、寂しい』って、言ってたなあ・・・」
「大丈夫かしら・・・」
「あきおは、どうだー?少しは、やる気になってきたの?」
「前と同じ、全然変わってないわよ・・・・・・・」
「日本じゃ、体調悪くてねー」
「パパも、若くないんだから、気をつけてね・・・・」

既に十分承知しているはずの状況を、もう一度上から、なぞり直すような会話が続いていたにも関わらず、私は、大いに寛いでいたような気がします。前日までの落ち込みとはうって変わり、プーケットに戻ってきた途端に、精神状態だけは、極めて良好になっていました。
様々な難題は、依然として目の前に横たわってはいるものの、
「そのうち、なんとかなるんじゃねえの、ガハハ・・・」
と笑い飛ばしているのです。

「パパが日本で買ってきた、ラーメン作ったわよー」
「おほー、おいしそう。いただきまーす」
とんこつ味の風味が、ほんのりと漂って食欲をそそりますが、麺をかき分けているうちに、
「おっ、卵が2個も、入ってるぞー!(涙)」
どんぶりを両手に乗せて、スープを全部啜って、
「ぷっはー、うめーっ!」
これだけで、幸せいっぱいになってしまうのですから、安上がりな話です。ここでは、幸福のハードルが大幅に下がってきますから、悪い状況を一気に吹き飛ばすに余りある、満足感を味わえるのかもしれません。

そして、こういう精神状態だと、うまい解決策が突然浮かんできたりします。
「どしてなんだろうなあ・・・・、なぜ、急に客が入らなくなったんだ・・・・、待てよ・・・・」
以前と今とで、どこが違うのか、一つ一つ検証していった私は、あることに気付きました。

「ママ、もしかしたら、これが原因かもしれない」
「何なのよ」
「パンツだよ」
「・・・・・はあ?」
「ママが、『こんな汚い短パン穿いてないで、新しいの買いなさい』、なんて言うから、ビッグCで買った、199バーツのズボンだよ。原因は、アレかもしれない。あのズボンが、災いの基になっているんだ」
呆れ顔のラントムに向かって、私は、再び引っ張り出してきた、ボロパンツを指差して、
「見ててみなー。明日は、きっと客の入りが違うから」

そして、翌日の夜です。
大入りというわけではありませんが、そこそこ、客は入ってきます。
「な、そうだろ。やっぱり、パパの言うとおりだ」
この夜から、新品のズボン3着は、お蔵入りとなり、ボロボロのパンツ4着を、私は再び穿き回すようになりました。そして、ガタガタだった経営も、徐々に立ち直り、また、採算ベースに戻ってきたのです(ホントだぞ)。

私は、宗教を、まったく信じない人間ですが、ゲンを担ぐことに関しては、かなり、積極的で、
「なんか、革靴を履いていると、いつも、客の入りが悪いなあ・・・」
と、2シーズン連続で、サンダル履きのまま、通していました。
服やズボンも、「いざ」というときのための、「勝負服」や「勝負パンツ」を、ちゃんと用意してありますが、どちらも、ボロなのは言うまでもありません。
「この服、ラッキーかも」
そう思うと、なかなか捨てることができないのです。
我ながら、実に怪しげな必勝法ですが、こんなものでも、プーケットでタイ人に囲まれながら仕事をしていると、ちょうどいい潤滑油となって、適度に肩の力を抜く役割にはなっているのでしょう。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2009-11-17 22:27

パトンは死せず

「なんだ、あれはー!」
「どうしました、西岡さん、ただのマクドナルドじゃないですか」
「おおーっ!いつの間に、ビーチロードに地下鉄が・・・」
「『サブウェイ』・・・・、サンドウィッチ屋ですよ。コテコテのオヤジギャグ、かまさないでください」
「あーっ!でっかい、エビがあんなところに!」
「シーフード屋の看板です。西岡さん、毎日見てるでしょう。何を今さら驚いてるんですか」
先月、日本から知り合いが来たので、パトンを案内していたのですが、私は彼らの目を、ビーチ方向に向けさせないよう、一生懸命でした。


ここ数年、パトンビーチの汚れは、かなり深刻になってきましたが、今年は誰の目にも、はっきりと、そう映ったのではないでしょうか。
河川や、その周辺に溜まったゴミや泥は、雨が降ると流れ出しますが、その行き着く先には、海があるわけです。特に、強い雨の翌朝のビーチには、流木や、ビニール袋、大小さまざまなゴミが、いたる所に散乱し、酷い状態になってしまうのが通例になってきました。

普段はうっとうしい、ビーチボーイのお兄ちゃんたちですが、毎朝、「自分たちの縄張り」を清掃する彼らがいなければ、パトンは、ゴミ溜めのようになってしまうでしょう。
週一くらいの頻度で、役所が雇った掃除屋さんのチームが、ビーチの隅から隅まで、きれいにしていってくれますが、この程度では、数日で元に戻ってしまいます。
観光開発が進み、人間が大勢暮らすようになると、海の汚れは避けられないものなのでしょうか。

半ば、諦め気味だった私ですが、8月に、サムイ島を訪れて驚きました。
私が最後に訪れた、1992年当時のチャウェンビーチには、所々に点在するバンガロー以外は、バーや、商店、レストラン(食堂といった感じでしたね)も、数えるほどしかなく、地味なリゾート地でしたが、現在は、ビーチを縦横に走る道路沿いに(昔は1本道だったと思います)、ぎっしりと各種のお店が建ち並び、パトンビーチ以上の賑わいを見せるようになっていました。

しかし、私が本当に驚いたのは、ビーチの賑わいではなく、17年前と、ほとんど変らない海の色です。
この美しさは、いったい、どうやって保たれているのでしょうか。
いろいろ考えてみましたが、河口の手前にある貯水池が、重要な役割を果たしているように思います。昔は、大きな湿地帯といった感じでしたが、現在は、コンクリートで周囲がきれいに舗装されており、ここが「ろ過器」のような作用を果たして、流れ込んでくる水やゴミを、この池で一旦受け止めた後、きれいな水だけ、海に送り出す仕組みになっているのかもしれません。

そういえば、パトンビーチにも、ちょっと前まで、大きな湿地帯がありました。そして、あの頃のビーチは、雨季の間でも、美しかったように思います。今では、すっかり、ドブ川と成り果ててしまった水路も、透明の水が流れ、魚が泳いでいました。
その大切な湿地帯を埋め立てて、ビルを建ててしまいましたから、ビーチ奥の山の斜面(やはり、宅地開発されています)等から流れてくる泥水や、ゴミが、ろ過されることなく、一気にビーチに流れ込んでいくわけです。

川を流れ行く、まっ茶色の水を見て、
「うわー」
茶色く染まっていく、ビーチを見て、さらに、
「うわー」
強い雨が降った後のビーチは、まるで揚子江のようになってしまいます。

タイ王国で暮らす人々に、
「これだけは、絶対に避けたい死因は、何だ?」
と問えば、
チャオプラヤー川の支流で、溺死」 
が、ランキング上位に、くい込むと思われますが、このままのペースで海が汚れていくと、数年後には、あんな水になってしまうかもしれません。
「きれいなビーチがあるからこそ、世界中から観光客が訪れる」
という理屈でいけば、美しいビーチを失いつつあるパトンの将来は、いったい、どうなってしまうんでしょうか。

かつては、ビーチ南端の河口付近は水が汚い、と言われていましたが、水質の汚染は、ビーチ中央部まで侵食してきたようで、このままだと、あと数年で、ビーチの北端(現在、この部分は、まだ、それほど汚れてはいません)に到達してしまうでしょう。どんよりと曇った雨空を見る以上に、茶色い海を見るのが憂鬱になってきました。
このまま、パトンビーチは死んでしまうのでしょうか。数年後、観光客がすっかり来なくなり、閑散とした、汚いビーチで、
「こんなビーチになってしもうたが、じいちゃんが、ばあちゃんと知り合った頃は、真っ青に、光り輝いておったんじゃ・・・」
孫達を相手に、こんな昔話をする羽目に、なってしまうのかもしれません。
もはや、打つ手はなし、商売をたたんで、不景気風の吹き荒ぶ日本に、出稼ぎに行かねばならないんでしょうか。
ブレイクポイント、パトンビーチと共に死す、そんなフレーズが頭を過ぎっていきました。
ところが・・・・。

10月27日、
この2日間、まったく、波がありません。気味が悪いほどです。もう、雨季は終わったのでしょうか。さり気なく、ビーチに目をやると・・・、
「!!!!・・・(もう一つ、おまけに)・・!」
なんと、水が青い!透きとおっています。いったい、どうしたんでしょうか!
水際まで歩いていくと、小さな魚が群れをなして泳いでいく姿が、はっきりと認められます。昨年と、まったく同じ、美しい、ハイシーズンのビーチが突然帰ってきました。奇跡が起こったようです。

「どうだ!これがパトンビーチだ。きれいだろう」
私は、もう鼻高々です。見上げれば、真っ青な空が爽やかに広がって、ビーチを散歩する観光客の人たちも、眩しそうに、美しい海を眺めています。
当然でしょう。
「ここで、泳ぎたくない」
そんな人、いませんもの。
「まだまだ、パトンは死んでない・・・」
海を汚す原因は、雨だけでなく、波も関係していたようです。
流れ込んだ泥水は、時間が経てば、やがて沈澱し、浄化されていきますが、それを妨げていたのが雨季の荒波だったようです。


町長さんも、社長さんたちも、指をこまねいて見ていないで、もう少し怒ってくださいよ。
あなたの海を汚してる奴がいるんですから・・・。私も手伝いますから、もう一度、みんなで、きれいな海を取り戻しましょうよ。
ビーチの人間が、全員やる気になれば、できますよ、絶対に・・・。

みなさーん。
パトンビーチが帰ってきましたよー。
今年も、きれいな海が帰ってきましたよー。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2009-11-11 10:57

話が違う

タイ王国で、よくある不愉快な出来事に、
“最初に言っていた話と、全然違う”
が挙げられると思います。

「6時までに、できますから」
と言われたのに、間に合わなかった・・・・といった程度は序の口で、
「寸法は、縦48cm、横64cm」
とオーダーしたのに、できあがってみると、縦64cm、横48cmになっていて、クレームをつけたら、
「こちらの方が見栄えがいいですから、変えておきました」
と意味不明の説明を受けたとか・・・。

こういったことは、日常的によくある話ですから、滞在歴の長い人なら、今更、腹を立てることもありませんが、これが子どもの学校問題となると、そういうわけにもいきません。
「なんか、プーケットの学校も、(あきおを)入れてくれるみたいよ」
ラントムの話を信じて、日本から戻ってきた、私と、あきおですが、案の定、学校探しは、困難を極めることになってしまいました。

タイ王国の教育制度は、6・6制(小学校6年、中学校6年)です。
授業時間数は世界最長だそうで、小学校に入学早々(公立は入学式がありません)、1年生も初日から、午後の3時半頃まで、びっしりと授業があり、各学期ごとに(前後期制)期末試験があって、単位数や出席日数が足りない子は進級できません。
「この子、大きいなあ・・・」
学校で、よく見かける子が、実は、2年ほど留年していた、なんていう話もあり、学齢どおりの学年で勉強できるとは限らないのが、タイの学校(現地校)の特徴といえるでしょう。
日本から、プーケットに移り住んだ場合にも、特例はなく、何年生であろうと、まずは、小学校1年生のクラスに入れられてしまいます。入学後の学力によっては、飛び級もできるようですが、学齢に追いつける子は、あまりいないようで、だいたい、1~2年下の学年で勉強することになります(ただし、インター校は例外で、学齢どおりの学年に入れてくれますが、「授業料が高い」「授業が英語」といった問題もあります)。

ですから、あきおを日本に送り出すときに、女房のラントムは、こう言って、猛反対しました。
「(小学校卒で日本に行ってしまうと)タイに戻ってきたとき、中1から、始めないといけないでしょ!」
1年(あるいは2年)の留年を覚悟して、日本に送り出す親もいるようですが、一度国外に出たら、そのまま、外国で進級、進学を重ねていくというのが、タイでは一般的なようです。

あきおの場合も、中学の3年間、日本で勉強した時点で、
「大学まで、タイには戻れないだろう」
と、私は考えていましたが、菱和で、あんなことになり、プーケットに戻ることになってしまいました。
3年半の日本暮らしで、あきおのタイ語は、ちょっと怪しくなってきており、将来的には、タイで、そして、プーケットで暮らす可能性は高いと思いますから、ここで、もう一度、タイ語を、しっかり固めておくのも悪くありません。

プーケット・サットリー校は、何年か前まで女子高でしたから、今でも女子生徒が圧倒的に多い学校ですが、なおこが中学3年生のときに担任だった先生の紹介で、ここの副スクール・マネジャー(タイでは教育部門のトップが校長、経営のトップがマネージャーと、分業制になっている)と会えることになりました。 
「どうでしょう。うちの、あきおですが、入れてもらえないでしょうか?」
ラントムが尋ねると、副マネージャーは、
「大丈夫なんじゃないかな。特に問題はないと思うけど・・・、今すぐに?・・・それは、ちょっと難しいなあ・・・、5月から新学期だから、来年の3月に、また来てよ」
アッサリと、こう言ってくれました。
こちらの思惑では、すぐに編入して、高1の途中から続けたかったのですが、来年度、確実に入れてくれるのであれば、それで、「よし」とすべきなのでしょう。私は、副マネジャーの話を聞いて大いに安心しました。

しかし、ここは、タイです。
そんなに、すんなりと話がまとまるのも、妙な気がしましたから、念のために、私立校である、プーケット・ダオルン中学にも、相談に行くことにしました。
公立で人気も高いサットリーと違って、私学のダオルンなら、お金さえ払えば、何とかしてくれると考えていたのですが、甘かったようです。

ダオルンには、コネがありませんでしたから、まずは、受付で聞いてみました。
「あの・・・・、高校編入のことで、ご相談が・・・」
すると、受付にいた女性は、
「編入は、もう終わりました」
と愛想なく言います。どうも、この女性は、一般的な編入の話だと思っているようでしたから、
「じゃあ、やっぱり、3月頃までは、無理なんでしょうか?うちの子は、日本帰りなんですが、入れてもらえるんでしょうか?とても心配なんですけど・・・」
ラントムが、こう言っても、この人は、クールな対応で、突っ込んだ話にはなりません。
「3月に来てくれ」
の一点張りです。

プーケットに移り住んで16年、この間、タイ人がする甘い話には、ずいぶん、痛い目に会ってきましたから、耳障りのいい話を聞いても、あまり信用する気にはなれなかった私ですが、
「あれ以上、聞きようがないでしょ。みんな、こいった話は面倒くさいから、イヤなのよ」
ラントムから、「タイ人心理」を聞かされてしまうと、言葉を返せなくなってしまいます。確実な話を聞きだしたいのが、こちらの立場なら、
「私、ただの受付ですから、面倒な話はしないでください。そんなに給料もらってませんよ・・・」
という彼女のスタンスも、十分に理解できるわけです。

プーケットに来た当初なら、ラントムと喧嘩してでも、食い下がって、それなりのポジションにいる人に、「会わせろ!」とゴネて、周りのタイ人から、
「この人、何を、カッカと息巻いているんだろう?」
と顰蹙を買いながらも、しっかり、裏取りしたであろう私も、長い年月の間に、タイ化が進んでいたようで、このときは不安に感じながらも、アッサリと引き下がってしまいました。

「あきお、仕方ない。3月まで、待とう。1年留年だ」
そう、あきおに言うと、私達は車に乗り込み、パトンビーチに戻っていきました。

この話続きます。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2009-11-06 10:05