タイ・プーケット島在住。タイならではの出来事や日々の体験、個人的な思い出などを書きとめています。


by phuketbreakpoint
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サドンデス

1983年春。
アメリカ大陸をバスで横断していた私は、2月27日、ついにニューヨークに入りました。
49stの安宿にチェックインし、ブロードウエイから、タイムズスクエアを通って7番街へ。真っ直ぐに歩いていくと、巨大な円柱形の建物が見えてきます。
「これが、MSG(マディソン・スクエア・ガーデン)か・・・」
大都会の、ど真ん中に作られた現代のコロッセオ、私は興奮を抑えきれず、正面ゲート前まで近づいていきました。
“レンジャースVSニュージャージー”
「何だろう、これは?」と思いながらも、よく読んでみると、アイスホッケーの試合でした。
「よし、入ってみるか」
ゴーオオオオーン・・・・・。
場内に入るや、凄まじい熱気が、私を包みます。
「レッツゴー・レンジャース!」
チャッ、チャッ、チャチャチャッ(手拍子音)。
地元・ニューヨーク・レンジャースのファンが、獣のような獰猛さで声援を送っていました。
その、なんと凄まじいことか!
バシーン、バシーン(記者用の机を叩く音)、ブウウウウーェ(激しいブーイング)、ズバッ、ズバッ、ズバッ(足を踏み鳴らす音)・・・・・。
「阪神ファンが怖い」
「いや、広島ファンの方がエゲツない」
「違う、勝ち損なったときの浦和レッズファンが、一番危ない!」等と、日本国では言われているようですが、レンジャースファンと比べれば、紳士的に見えるんじゃないでしょうか。

その2週間前、LAで見たロックコンサートで熱狂する、ティーンエイジャーの女の子たちが叫び、渦巻き、波立っていた、大嵐のような会場風景といい、やっぱり、この人たち(はたして、彼らを人と呼んでしまっていいものでしょうか)とは、「パワーが全然違うんだなあ・・・」と強く実感したのが、この旅、最大の発見だったような気がします。どちらの会場でも、肉食獣が飢えて、大暴れしてるとしか見えませんでしたもの・・・。

試合は、5-2でリードしていたはずのレンジャースが、いつの間にやら、同点に追いつかれ延長戦へ。なんとなく、レンジャース負けムードが漂ってはいましたが、延長戦の開始早々に放たれたデビルズのシュートは、無常にも、レンジャースゴールに突き刺さります。
「オー、シーッ!」
「ファック!」
ガックリとうな垂れる、レンジャースファン。ニュージャージーの選手が点を入れるたびに、場内を覆いつくしていたブーイングも、ほとんど聞かれません。みんな肩を落とし、空ろな表情で席を立っていきます。

観客たちは、前後半のとき以上に吼えまくると思っていましたが、いったい、何が起こったのでしょうか。
「ちょっと、みんな、どうしたんだ?まだ、諦めるのは、早いだろう。延長戦は、始まったばかりじゃないか」
最初は、そう思いましたが、すぐに、ゲームオーバーだということに気付きました。
「終わっちゃったんだ・・・・・」
追いつ、追われつの、シーソーゲームでしたが、最後は、実にあっけないものでした。文字通り、サドン・デスだったと思います。
見ている者にも、プレーしている本人たちにも、心の準備を許さない、その冷酷非常な終了システムは、ある意味、人生そのものを暗示しているかのようで、私は、あの日の、突然の終わりが、今でも忘れられません。


2月中旬のある日。
プーケット補習校のPTA会長を務める山口さんが倒れたというニュースが入ってきました。
原因は、脳溢血ということでしたが、大変なことになった、と思う反面、
「恐らく、命には、別状はないだろう」
と、私は楽観していました。

2年前に倒れた女房ラントムのお父さんも、入院時は悲惨な姿だったものの、退院し、リハビリを行っていくうちに、みるみる元気になって、右半身の麻痺は、まだ、少し残ってはいますが、今では日常生活に、ほとんど支障はなくなりました。従業員や近所の人と、しょっちゅう喧嘩しては問題を起こすのも、以前と、まったく変わっていません。
多少の後遺症は残るものの、山口さんの年齢(まだ58歳でした)を考えれば、リハビリすれば、かなり、動けるようになるだろうと、私は考えていました。

ところが、山口さんは倒れた後、いくつかの病院で、たらい回しにされてしまったようで、公立のワチラ病院に運び込まれたときには、もう手術のタイミングを逸していたようです。
“病院はあっても、治せる医者は少ない”
プーケットで長期滞在を考えている中高齢者のみなさんも、そういった医療環境の実情は、認識しておいた方がいいと思います。

3日後に、一か八かで、挑んだ手術の甲斐もなく、山口さんは、帰らぬ人となってしまいました。
連絡を受けた翌日、私は女房のラントムと、遺体が安置されているワット・クラーンまで弔問に出かけました。
「子どもたちは、まだ、よく分かっていないようで、『パパは、いつまで寝てるの?早く、起こして帰ろうよ』って、私の手を掴んで・・・」
山口さんの奥さんが、目に涙を溜めながら、私たちに説明してくれました。
残された奥さんや、小さなお子さんのことを考えると、本当に心が痛みます。

授業のない平日に、三階の教室に集まって、補習校の教務会議をやっていると、
「みなさんも、大変ですねえ」
と言いながら、様子を見に来てくれた山口さん。
日本人会の会議が紛糾し、長時間のサバイバルレースになってしまったとき、逃げ出すように、一階の事務所わきで、タバコを吸いながら、
「上は、まだ、やってますか?」
と、他人事のように、ボヤいていた山口さん。
補習校といわず、日本人会といわず、事務局を用事で訪れた人が、胸のうちを誰かに打ち明けて、「気分を楽にしたいなあ」、と思っているとき、
「どうですか、最近?」
タイムリーに話しかけてくれる、ありがたい山口さん。
「ヤマちゃん、今年も、司会頼むよ」
トップシーズンの真っ盛りに、カマラ慰霊碑で行われる慰霊祭の司会を務めるよう依頼され、
「うーん・・・・、さあ・・・・、どうでしょうか、今年は・・・」
と、困った表情で言葉を濁しておきながらも、結局は押し切られ、受けてしまう山口さん。

場面、場面で、特に大活躍するようなキャラクターではなかったと思いますが、そこにいてくれるだけで、みんなを暖かい気分にさせてくれる、ティーブレイクのような山口さんが、もういないという実感は、正直言って、まだありませんが、ここで暮らしている日本人は、じんわりと、それを味わっていくのではないでしょうか。
「西岡さん、よろしかったら、どうぞ。返すのは、いつでもいいですよ」
これが、山口さんと交わした最後の会話になりました。
私の手元には、山口さんが事務所で貸してくれた、三冊の文庫本が残っています。

3月3日、焼きつくような暑さの中、山口さんと最後のお別れをするために、大勢の人々が集まってきました。
5年前、エイズで亡くなられたSさんの亡骸を、病院で見てしまった私は、山口さんの火葬の直前に、葬儀屋の人たちから、
「さあ、みなさん、一人ずつ、お別れを告げてあげてください」
そう言われて、思わず、足が竦みましたが、勇気を出して見た山口さんの表情には、心和むものを感じました。
すやすやと、気持ちよく眠っているようで、無理に起こしてしまうのも憚るほど、穏やかな顔をしていたのです。
私はとても、こんな表情で死ねる自信はありませんから、家族だけに見送られ、ひっそりと、こっそりと、消えていくのが、いいんじゃないでしょうか。
「そういえば、西岡さん、最近見かけませんねえ」
「あれ、知りませんでした?半年前に死んじゃいましたよ」
そんな終わり方が、理想的だと思います。

「山口さん、お疲れ様でした。静かに、そして、安らかに眠ってください・・・」
大勢の弔問客と共に、ジリジリと照りつける太陽の下、私は目をつぶり、両手を合わせました。
人生の終わりは、ある日、突然やってきます。
その日が、いつ訪れるかはわかりませんが、この島で、家族と楽しく過ごせた日々があるのなら、私は、いつでも、笑って死ねるような気がします。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2008-03-21 10:25

さあ、選挙だ!

私は、昔から選挙が大好きでした。
日本にいた頃は、国政選挙が行われるたびに、チャンネルをブチブチ変えながら、深夜まで各局の特番を追いかけていたものです。
ところが、最近、そんな私も、選挙と聞いただけで憂鬱になり、機嫌が悪くなってくるのですが、それは、勿論、この国の政治を憂いてのことではありません。
タイでは、投票日前日の午後6時から、当日深夜までの三十時間は、酒類の販売が禁止となり、ブレイクポイントの売り上げも、目に見えて、この日は、ダウンしてしまいますが、問題は、それだけではありません。
「飲ませろ」
「いや、ダメです」
「オレは外国人だ。選挙は、関係ないだろう」
「そうなんですが、酒は、ダメなんです」
「じゃあ、コーヒーカップに、ウイスキー入れてくれ。これなら、わかんないだろう」
「バレたら、罰金ですから、それも、ダメです」
毎回、毎回、お客さんとの間で、不毛なやり取りを繰り返さねばなりません。


3年前、トラン県ヤンタカウのゴム園で、それは、それは、激しい選挙戦が繰り広げられました。
「はーい、止まって、止まってー」
この村のプーヤイバーン(村長さん)、チャルーンさんの自宅兼選挙事務所の前を、近所に住む、ムーさんがバイクで通りかかったところ、待ち構えていたチャルーン陣営の運動員が、通せん坊するように道を塞ぎます。運動員といっても、いつも、チャルーンさんの自宅の周りで、ゴロゴロしている人たちなのですが、
「おーい、どこ行くんだー。ちょっと、寄っていきなよ。ご馳走するからさあ」
「オレは、これから、投票に行こうと思ってたんだけど・・・」
「だったら、ちょうどいいよ。みんなで、ご飯食べて、それから一緒に行こう。さあ、入って入って・・・」

ご馳走で義理を売って、食事が終わると、逃げられないように全員ピックアップの荷台に押し込み、投票所に行き、運動員の監視のもとで、投票させる作戦ですが、誘われたムーさんも、特に嫌がる様子は見せず、ここを通りかかれば、こんな展開になってしまうのは、おり込み済みだったのでしょう。
ムーさんに限らず、林の中では、こうやって誘われてしまうと、断る人は、めったにいません。急ぎの用事がある人など、ほとんどいませんから、選挙といわず、葬式といわず、何かと理由をつけては、仲間と酒を飲むのが、田舎では数少ない娯楽の一つとなっています。

このように、ガッチリと封鎖されているチャルーンさんの事務所前ですが、バイクが2台連なってやって来たときなどは、隙が生まれ、通り抜けてしまう人も、中にはいます。
しかし、それを見逃してしまうほど、チャールーン陣営は甘くありません。事務所から、200m程先にある、チュアップさんの家(チャルーン陣営構成員)が、第二検問になっており、万が一、ここも突破された場合に備えて、投票所のすぐ手前に、最終防衛線の仮設事務所が臨時で造られていますから、撃ち漏らしてしまうようなことはないのです。
「目の前を、通り過ぎていく票は、すべて、ガッチリいただく」
初期の成田空港並みの、水も漏らさぬ、厳重な警戒網といえるでしょう。
一方、このチャルーン陣営の戦術を、
「汚ねえことしやがる・・・」
と、口汚く罵る、対立候補のチョーグさんですが、こちらも投票所を挟んで、すぐ向こう側が、自宅兼選挙事務所になっていますから、目くそ、鼻くそ、です。

一票一票、手堅く、固めていく堅実な選挙戦とも言えますが、どうして、この人たちは、こういった堅実性を、普段の生活の中で、見せられないんでしょうか。
チャルーンさんは、知人の甘言に唆されて、深く考えることもなしに始めた、エビの養殖業で大損してしまいましたし、チョーグさんも、ゴムの原液の仲買人ビジネスがうまくいっていないのか、いつも金策に走っています。

ゴムの木が整然と立ち並ぶ林の中を、くねくねと曲がりくねった一本道は、目視できる範囲こそ限られていますが、わずか、600mほどの距離の中に、チョーグ事務所、投票所、チャルーン陣営最終防衛線、チャルーン陣営第二検問、チャルーン事務所と、ひしめいていて、投票所以外の、すべてのポイントで、ご馳走が振舞われているのです。
関所破りしてまで、自分の信念に基づいた投票行動をする人は、皆無と言ってよく、みんな、この期間中は、食事を作る必要はありませんから、各地点を渡り歩くように移動して、はしご酒で飲んだくれ、嬉々としています。
中には、両陣営の、どちらからも、ご馳走されている人もいて、「ニッカ(政界用語で二股)」や、「サントリー(三股)」も、特に悪いこととは思われていません。
 
そもそも、今回の村長選挙は、本来なら、地元の実力者である現職のチャルーンさんが、
「もう一期やるぞ」
と、言った時点で、他に候補者のいない、無風選挙になるというのが大方の見方でした。
ところが、雑貨店を経営するチョーグさんが、敢然と、これに反旗を翻し、村長選史上でも珍しい、一騎打ちの構図となってしまったのです。

チャルーンさんは、かつては、この地域一帯を仕切っていた豪族の家系(まあ、半分ヤクザでしょう)だそうで、先代の時代までは、この村の秩序、そのもものような存在でした。現在のような行政制度が確立された後も、隠然たる影響力を保っていましたから、あえて、ドロドロとした選挙選を戦わなくとも、住民たち、みんなから尊敬され、恐れられてきました。

ところが、さすがに最近は、近代法のシステムが奥地にも浸透してきたのか、公的なポジションに就いていない限り、場合によっては、非合法のレッテルを貼られてしまいますから、いかに実力者といえども、それなりの地位が欲しくなったのかもしれません。
前々回の村長選挙に立候補して、初当選し、晴れて、プーヤイバーンに就任しました。

こういった、昔からの流れがありますから、それに弓引いて、歯向かうというのが、どれほど田舎では刺激的なことかは、容易に想像がつきます。
今回チョーグさんが、あのチャルーンさんを敵に回し、「立候補した」というニュースを聞いたときは、ヤジ馬の私も、「よくぞ、立ち上がったものだ」と驚きました。

そして、日本でも、状況は似ていると思いますが、田舎に行けば、行くほど、そこで暮らす人たちの血筋は、遡っていけば、どこかで必ず結びつきがあるもので、末端の地方選挙は、いうなれば、親戚たちの中で、代表者を誰にするか決めるような意味合いもあると思います。

実際の話、女房のラントムと、チャルーンさん一家は、親戚の関係(彼女の父の母が、チャルーンさんの妻の母と姉妹)ですし、彼女の妹の亭主が、チョーグさんと従兄弟同士なのです。
私も、初めてトランに遊びに行った頃から、両者と付き合いがあり、二人がプーケットに遊びに来たときには、ご馳走して持て成し、私がトランに行ったときには、チャルーンさんの家に泊まって、チョーグさんの家に遊びにいったりと、義理と人情が、コテコテに絡み合った人間関係といえます。
プーケットに住んでいる私ですら、こんな状態ですから、地元の人たちは、どちらに対しても、いい顔せざるを得ないのでしょう。

選挙戦は、結局、チャルーンさんの順当勝ちに終わりましたが、今回の選挙は、ここで暮らす人たちの間に、大きな、しこりを残してしまったような気がします。
タイでは選挙の度に、ヒットマンが大忙しで、引っ張りだことなり、多くの命が奪われてしまうのは有名な話ですが、選挙のように、ハッキリと物事の白黒をつけるドライなやり方は、この国の風土には、馴染まないのかもしれません。
 
こんな中、タクシン元首相が帰ってきました。
「もう、政界には戻ってこない」
そう断言する元首相ですが、失脚した当時から、私は、彼が十年以内に復権することを予想していました。
しかし、今回は、ちょっと先を急ぎすぎているんじゃないでしょうか。
暫くの間、死んだフリをして、ホトボリを冷まし、頃合を見計らって、王室の許可をもらい、こっそりと帰国して、そのまま、どこかの寺に行き、ブワット(短期仏門修行?)で頭を丸め、最後に直接、国王に詫びれば、すべてが丸く収まって、一件落着と読んでいました。

その間、おそらく、二、三人が首相に就任し、すぐに失敗して、
「やっぱり、彼じゃないと、ダメなんだろうなあ・・・」
という、待望論が起こるのを待っての復権、そういう穏やかなシナリオを、私は考えていたのですが、彼の考えは違うのでしょうか。
タイの風土に合わない、ストレートなやり方は、また、新たな遺恨を作り、タイでよくある、ドラスティックな方法によって、血の決着が見られはしないかと、私は心配しています。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2008-03-10 13:22