タイ・プーケット島在住。タイならではの出来事や日々の体験、個人的な思い出などを書きとめています。


by phuketbreakpoint
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レストランバトル

一月の中旬あたりから、ようやく盛り上がってきた今年のハイシーズンですが、例年と比べ、少し、お客さんが少ないように感じます。いつもなら、クリスマス明けの12月25、26日あたりから、一気にお客さんが増えるはずなんですが、今年は、一年で、最も忙しいはずの正月三が日も、パッとしないまま、あっさりと過ぎてしまいました。

ジャンクセイロン(パトンビーチにある大型ショッピングセンター)ができて以来、人の流れが変わりつつあるようで、夜間、歩行者専用となるバングラーロードに集まってくる観光客の何割かは、ビーチロードには戻らず、そのまま、200ピーロードに抜けていってしまいます。
あまり、お金を使わないお客さんが、長く滞在する傾向も、昨年あたりから生まれてきているようで、どこのホテルも満室の割には、レストランや、小売店は、それ程、儲かっているようには見えません。いつ銀行にいっても、行内はガラガラで、行員に聞いても、景気のいい話は、ほとんど聞けません。二年前には、どの銀行も、連日ぎっしりで、長々と順番を待たねばならなかったのですが・・・。

向かいのスイートレストランのパワーダウンも、大きな要因になっていると思います。ちょっと前までは、パトンビーチで有数の人気店だった、このお店も、ここ数年は、下降気味で、特に、昨年の値上げから、客離れが加速し、今年は、お正月から満席にならない、異常な展開となりました。
自力では客を呼べない・・・、いや、呼ぼうともしない、我がブレイクポイントは、コバンザメのように、このお店が引き寄せてくるお客を、2、3日後に頂く、という戦法に徹して、これまで、売り上げを安定させてきましたが、この辺で何か、テコ入れの時期に来ているのかもしれません。


「いよいよ、明日、オープンか・・・」
夢を膨らませ、希望に燃えて、ブレイクポイントをスタートしたのが、2001年の12月17日でした。
斜向かいのゲストハウス・スマイルインが、お客さんを回してくれたこともあって、ホテル業の方は、最初から順調でしたが、レストラン経営は、そんなに簡単なビジネスではありませんでした。

これには、様々な理由が考えられますが、最も大きな要因は、飲食業の素人である私が経営するには、このお店は、大きすぎたようです(逆に、ホテルの客室数11というのは、私の実力にあったものだったのでしょう)。
実力に不相応の店舗面積、客席数が、創業以来、常に私に、大きなプレッシャーを与えてきました。

飲食店の経営をされたことのある方なら、お分かりになると思いますが、小さなお店なら、素人が見よう見まねで始めたとしても、お客さんにアピールするものが、何か一つでもあれば、それなりに、うまく回すこともできます。
ところが、店舗の面積が大きくなれば、なるほど、アピールする要素が複数必要となり、ノウハウを持ったプロの経営でなければ、とても素人の手に負えるものではありません。、

人間の心理とすれば、ガラガラのお店には、入り辛いですから、いつも、可能な限り、お店を、お客さんで一杯にしておかねばなりませんが、大きなお店になれば、なるほど、それは、大変難しいことなのです。ツアー会社とタイアップして、お客さんを連れてきてもらう、という方法もありますが、そういった、手の込んだやり方は、私の性には合いません。
どうやって、道行く観光客に、「ここで、食事していこう」という気にさせるか、それが、第一段階の問題となります。

ローシーズンの間、私が、常に心掛けていることは、
スモール・フィールドの原則です(オフト・マジック!懐かしいじゃろう)。
できるだけ、店頭のテーブル数を、不自然でない範囲内で少なくし、少しのお客でも、たくさんに見えるよう工夫します。そして、お客さんが誰も座っていない奥の席は、照明を落として暗くして、ガラガラの店内を全部見せません。

少ない客を、より多く見せ、そのお客で、また、新たな客を呼ぶ。これが一たび、うまく回転すれば、お客さんが、どんどん入ってくるようになります。
今では、ハイシーズンには、逆に店頭のスペースが許す限り、めいっぱい机を置いて、お客さんを、ぎっしりと詰め込むことができるようになりました。

そして、入ってきたお客さんを、いかに満足させるか、これが、第二の問題です。
ここでいう、お客とは、プーケットの観光客の中でも、多数派であり、ブレイクポイントの経営戦略上のターゲットでもある、白人客を主に考えます。
料理の味、内容は、基本中の基本ですが、ここをオープンして、すぐに気がついたのは、その料理を自分で食べてみて、美味しいか、どうか、という問題よりも、それが白人たちに、アピールできるものなのか、どうかが、より重要なことのように思えました。彼らが、「食べよう」という気にならない料理では、何の意味もありません。
野心的で、斬新な新企画よりも、ありきたりではあっても、よく名前の通ったものの方が、はるかにベターだといえます。

オープンの前に、当時働いていた日本人の料理長と、メニューのネーミングで揉めたことがありました。ある料理の名前を、「ハッシュド・ビーフ・ライス」にするか、「ハッシュド・ライス」にすべきかで、意見が分かれました。
「日本じゃあ、ハッシュドビーフといえば、ビーフの塊が入ってますよ」
「でも、ハッシュドだけじゃあ、英語の意味が通らないじゃないか」
各局、私が強引に、「ハッシュド・ビーフ・ライス」に決めましたが、どちらに転んでも、このネーミングと料理では、白人にアピールする要素はゼロでしょう。案の定、一ヶ月でボツ企画となりました。
今なら、きっと、こうやりますね。
まず、ライスの代わりに、マッシュ・ポテトを添えて、ソースの内容は同じでも、ネーミングはこうします。
「マッシュ・アンド・グレービー」
一皿80バーツで、どうでしょう。ドイツやイングランドにも、似たような料理があるようですが、そんな感じで、いいんではないでしょうか。これなら、毎日最低でも、2~3食は、出ると思います。

そして、お店の前で、立ち止まったお客さんに声をかけ、席に誘導し、メニューを渡して、オーダーを取り、できた料理をテーブルに持って行く、この間、給仕は、常に笑顔であることは言うまでもありませんが、限られた人数で、いかに、これを素早く行うか、ホールでの勝負は、ズバリ、これだと言えます。

ハイシーズンには、人手が足りなくなり、私も、他の従業員に交じって、店内所狭しと、走り回らねばなりませんが、次から次へと入ってくるお客さんを捌きながら、忙しく体を動かし、指示を出している、このときこそが、まさに、飲食店経営の醍醐味だといえるでしょう。私が最も、充実感を得られる瞬間でもあります。

タイという国は、犬を見れば、よくわかるのですが、あくせくと、せわしなく動き回るには、やはり、気候が厳しすぎるようです。どの犬も、グダッとして、やる気がなく、
「オラぁ、飯喰うとき意外は、動きたかぁ、ねえんだよ」
とでも言いたげに、屋外テーブルの下など、陽の当たらない場所に寝そべって、一日中、ゴロゴロしています。きっと、人間に飼われていなければ、どの犬も、一週間ともたないでしょう。

ここで暮らしている人間たちも、例外ではないようで、あくせくやっている人は、決して、周りの人々から快く思われることはありません。
私も、タイで暮らし始めて14年以上経っていますから、一年の大半は、犬と同じように、グダッとした生活を続けていますが、ハイシーズンの二ヵ月間だけは、さすがに、しゃきっとして、気分は高揚し、目は輝き、場合によっては、血走り、再び、人間社会に戻ってこれるような気がします。

飲食業には、お金には返られない、一種独特の魅力があると言えるでしょう。
ローシーズの間には、あまり感じなかった、お店に対する執着心が蘇ってきます。

この話、次回に続きます。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2008-01-30 10:28

夢の新婚生活

1992年8月。
埼玉県西川口でスタートした、私とラントムの新婚生活は、2ヶ月が過ぎようとしていました。
半年前の二月、私は、それまで勤めていた自然食品の会社を辞め、プーケットに渡り、ラントムを日本に連れ帰ってきたまでは、よかったのですが、とりあえず、食べていくためには、働かねばなりません。
近所のコンビニで買ってきた、フロムエー(求人誌)をパラパラと捲っているうちに、目に付いたのが、「テイケイテクノス」という警備会社でした。
一週間の研修の後に、正式に採用されると、日給は11700円で、当時は1バーツ5円でしたから、一日2000バーツ以上にはなります。手っとり早く、金になる仕事を探していた私は、すぐに面接を受けて、ここで働くようになりました。

私は毎朝、ラントムが作ってくれたお弁当を持って、自転車に跨り、同じ川口市内にある、上青木交差点に向かいます。ここでは、路面のアスファルトを掘り返し、汚水管を埋設する作業が行なわれていました。
しかし、幹線道路が交差する交通の要衝で、真昼間に、片側通行の工事を強行するのは、やはり、無理があったようです。連日、もの凄い渋滞を引き起こしてしまい、ラジオの交通情報でも、「また、あそこの交差点ですか」等と、言われていたようです。
テイケイ・テクノス大宮支店は、この現場のために、特殊部隊を編成し、地域住民を、これ以上怒らさず、氷のように冷たいドライバーの視線にも耐えられそうな、比較的大人の警備士を、メンバーとして集めていました。20歳前後のお兄ちゃんだと、耐えきれずに、切れてしまう可能性があったためです。

「午前中は、吉田さんと井上くんは、Aポイント(上青木交差点から近い順にABC)、神田くんと須藤くんは、Bポイント、私と立川くんが、Cポイントを受け持ちます。今日は、3ヶ所だから、タイミングがズレると、泥沼だからね」
最年長者だった私(当時31歳)は、毎朝、作業が始まる前に、その日、配属されたメンバーの守備位置を指定し、当日の作戦計画(日によって、工事内容やポイントが違う)を説明します。
ここは社内でも、最も不人気の作業所でしたが、それでも、私にとっては、その前に派遣されていた、「島田工業、春日部下水道工事作業所」と比べ、遙かに快適な現場でした。

人間というのは、どんなに辛い仕事でも、何かをやっていさえすれば、時間は、どんどん過ぎていきます。
ところが、島田工業の作業所では、初日の日に監督さんから、
「今日から来た人だね。特に、何もやらなくてもいいから、道の入り口で、立っててよ」
指示らしい指示は、これだけです。
連日30度を超える猛暑の中で、ひたすら、ボサーっと立ち続けるだけの毎日は、野球部の夏季練習など、比べ物にならないほど、過酷なものでした。
「あー、早く終わらないかなー。そろそろ、昼休みかなー」
そう思いながら、時計を見ると、時刻は、まだ午前9時50分です。それから、じっと、耐えに耐えて、
「今度こそ、11時過ぎただろう・・・」
と、再び時計に目をやると、先ほどから、まだ20分しか、経っていなかったりします。こんな、サバイバルゲームのような現場と比べたら、ドライバーたちの視線など(ときどき、視線だけでなく、「お前ら、バカか!」といった罵声も飛んできます)、とるに足らないものでした。

午前八時に勤務が始まり、大渋滞の真っ只中で、悪戦苦闘し、罵声を浴びて、太陽が西に大きく傾いた午後5時に、ようやく作業は終了します。
適度な疲労感と、この日も、無事現場を守りきった充実感が心地よく交錯し、我々は、任務から開放されます。このときの感覚は、ハイシーズンのブレイクポイントで、押し寄せる客を、捌ききった後に、ビールを喉に流し込む瞬間にも、共通すると言えるでしょう。
きっと、私には、こういった仕事が、性に合っているのかもしれません。

「ただいまー」
「あ、フミオ。お帰りなさい」
部屋に着くのは、いつも計ったように、午後5時30分、ちょっと前くらいだったと思います。
四畳半が1つ、6畳間が1つ、これに、リビングとトイレ、バスが付いたアパートは、家賃が6万5千円でした。ちょっと建物は古かったのですが、駅から歩いて、3分でしたから、お得な物件だったと思います。
「やっぱり、あっち(赤名リカ)の方が、いい女だと思うんだけどなあ・・・。この人(長尾完治)、何考えてんのかなあ・・・・」
「あら、そう?私は、こっち(関口さとみ)の人の方が、綺麗だと思うけど・・・」
当時、フジテレビ系で再放送されていた、「東京ラブストーリー」を見ながら、夕食を食べるのを、私たちは日課にしていました。

今夜のおかずは、私の大好物、「なすびの溶き卵揚げ」です。
なすびを卵で絡めて、油で揚げるだけの、実に単純なタイ料理ですが、私は、この料理が今でも大好きです。ラントムの田舎に始めて遊びに行ったとき、タイ南部の田舎料理を食べさせられた私は、さすがに、その独特の個性には、大いに引くものを感じました。
食べよう、という気があまり起こらない、無防備な外観や、じっくり味わいたい、とは決して思うことのない、泥臭さ丸出しのストレートな味付けには、どうしても、馴染むことができなかった私ですが、この、なすび料理だけは、別だったのです。

「ええーっ!この二人(リカと完治)、このまま、別れちゃうのか?そりゃあ、ちょっとなあ・・・・・」
「本当に、何を考えてるのかしら、この男。こんな、きれいな人(つい、さっき、関口さとみの方が綺麗だと、言っていたはずなんですが・・・)を捨てるなんて、許せない!絶対に許せない!」
前の亭主の浮気で、離婚経験のあるラントムは、画面に向かって、カンカンになって怒っています。
「まあ、まあ、これは、テレビなんだから、怒らないで・・・・。そうだ!食事が終わったら、2人で、ビデオでも借りに行こうか!」
別に、「そうだ!」なんて、改めて強調しなくても、他に娯楽のなかった私たちは、頻繁に、レンタルビデオ屋さんに通っていました。
「これ、面白そうね!」
ラントムが、パッケージの写真だけ見て選んでくる作品は、毎回、毎回、具にもつかない、B級のホラー作品が多かったのですが、異国の地で、寂しい思いをしているであろうラントムに、私は、極力合わせていたと思います。
見終わった後の満足感、お得感がまるでない、しょうもない映画が、ようやく終わった後、私たちは、お風呂に入ります。

「じゃあ、ラントムから、入ってよ」
新婚ですから、一緒に入って、イチャつきたかったのですが、このアパートのユニットバスは、一人でも、窮屈なくらいの大きさでしたから、それは不可能でした。
ラントムが、いつも、水入りのペットボトルを置いていた極小サイズのトイレもそうですが、世界有数の経済大国・日本の国民生活は、快適とは程遠いものがあると、当時を回想して、私は、改めて感じます。
タイの中流家庭のほうが、遥かに恵まれているでしょう。急激に、のし上がってきた中国や韓国から、日本が甘く見られてしまう遠因は、こんなところにも、あるかもしれません。

お風呂から上がって、ラントムはジュース、私は、「下町のナポレオン」とラベルに書いてある(ナポレオンが聞いたら、きっと怒ると思います)、「いいちこ」で乾杯です。
「だんだん、大きくなってきたなあ・・・」
妊娠したばかりのラントムのお腹を摩りながら、私が話しかけると、彼女は、
「そうね・・・。実は、私・・・・・、タイに帰ろうと思っているの。こっちじゃ、子どもを生むのも、大変でしょ。あなたは、しばらく日本で働いて、お金を稼いで、子どもが生まれたら、三人で(まさか、双子とは思いませんでした)、プーケットに行って、暮しましょう」
「ボクも、そうしたいけど・・・、でも、何をやるんだい」
「美容院やるか、カウンターバーをやるか、パン屋さんなんか、いいと思うんだけど。トランのゴム園だって、少しは稼げるでしょ」
私とラントムは、二人で、ささやかな未来を語り合いました。
今思うと、本当に幼稚で、無邪気な計画ばかりでしたが、あの頃の私たちには、胸一杯の期待と夢が溢れていたと思います。まだ、生まれてもいない子どもたちの将来も含め、キラキラと輝く、「明日」を信じていました。

「今度の日曜日、どこかに遊びに行こう。どこがいい?」
日曜日は、上青木交差点の工事は休みです。私は、別の現場には回らず、毎週、休みをもらっていました。
古マンションの六畳間、ベッドも、マットもなく、畳の上に布団を敷いて、エアコンのない部屋では、扇風機がブンブン回っています。
「どこでもいいわ。面白そうなところに、連れていって」
「じゃあ、ちょっと遠いけど、ディズニーランドでも、行こうか。ここはねえ・・・・」

ベランダには洗濯物。
警備会社の制服と、ラントムのTシャツが、仲良く、一緒にダンスを踊っています。
そして、私とラントムは腕枕、橙色の灯りの下で、二人きりの世界です。
15年前の、ある夏の暑い日、西川口の夜は、こうして更けていきました。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2008-01-11 19:25