タイ・プーケット島在住。タイならではの出来事や日々の体験、個人的な思い出などを書きとめています。


by phuketbreakpoint
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「この人は、どこから来たんだろう・・・」
日本人のような、そうでないような、そんなアジア系のお客さんが入店してきたときは、いつも緊張が走ります。確実に日本人だと分かる場合、これは当然、「いらっしゃいませ」と挨拶します。ところが、一見しただけでは判断できない場合が結構あります。日本を離れて13年以上にもなりますから、私自身、日本人に見られないこともよくありますが、それ以上に変わったと自分でも、はっきりと分かるのが日本人識別能力でしょう。普段日本人に囲まれて暮らしているわけではありませんから、どの顔のパターンが、あるいは洋服のセンスが日本人のものなのか、分からなくなっているようです。

普段なら、日本人とわからなくても、ほとんど問題は起こりません。しかし、これがお店の中で、ということなら話が全く違ってきます。私が日本語で、「いらっしゃいませ」等と言おうものなら、それだけで、シラーっとしたムードが流れ、「アイム・ノット・ア・ジャパニーズ」と冷たい口調で言い返してくる人達が中にはいます。具体的には、中国と韓国から来ている観光客の一部に、このパターンが見られますが、そんなとき私は、ヤバーっと思いながらも、とっさに話をプーケットの観光関連に切り変え、このシラケた雰囲気を取り繕う必要に迫られるわけですね。幸いにも(?)、私は韓国人のような顔をしていますから、もしも相手を怒らせてしまっても、なんとかごまかせるかもしれません。

顔のことで思い出しましたが、私の韓国顔は、どうやら筋金入りのようです。昨年帰国したとき、駅前通りを歩いていたら、韓国エステの呼び込みのお姉さんが私に向かって、「可愛い子、いっぱいいますよ」と声を掛けてきました。可愛い子は大好きですが、無視していたら、この人は、立ち去ろうとする私について来て、何やら説明しながら食い下がってきます。それでも私が黙っていると、この人は何を思ったのか、突然、言葉を韓国語らしきものに変え、訳の分からないことを言いながら、ずーっと、ずーっと追尾してきました。この凄い粘りに感心しながら、それでも無視を決め込んでいた私に、彼女はとうとう諦めたのか、立ち止まって一言捨てゼリフを吐きました。
「ナンダラ、カンダラ・・・」
やっぱり韓国語でした。韓国人に韓国人だと間違われ、最後まで疑われることもなく、捨てゼリフまで韓国語で言われてしまった私は、これから、どうすればいいんでしょうか。

お店では、「たぶん、日本人だろうなあ」と思っても、話している言葉が日本語と認識できるまで、あるいは、持っている本やガイドブックが日本のものである等、確実に日本人であることを確認できるまでは、迂闊に日本語を喋るわけにはいきません。
これと、まったく正反対の対応になるのが、シンガポール、香港、台湾などからやって来る中国系の観光客です。
「アイム・ノット・ア・ジャパニーズ」
彼らの口から出てくるセリフは、まったく同じですが、その表情が全然違います。彼らの目は好意に溢れ、こちらが日本人だと分かると、彼らの態度は、いい方に変わります。私がお土産屋で店番していたときも、それまで値切りに値切っていた香港のおじさんが、こちらが日本人だと分かったとたん、態度を急に変えて値切らなくなったことがありました。日本人に対する肯定的なイメージは、確実に存在しています。信用あるようですね(逆に言えば、タイ人の売り子さんは、全然信用されていません)。外国で暮らす日本人として、このイメージをぶち壊し、幻想にしないよう心がけたいものです。

そういえば、昨年タイでASEANの国際会議が開かれたとき、こんなエピソードがありました。歓迎パーティー会場の入り口で、プリンセス(国王のお嬢様)お二人が、タイ国を代表して来賓たちを出迎えておられたときのことです。
「この度は、かくも盛大なパーティーにお招きいただき、誠に・・・・」
「貴国を訪れたとき、人々の親しみ深さに感動いたしました。ぜひまた・・・」
きっとお二人と来賓たちとの間では、そんなやり取りが交わされていたことでしょう。このやりとりが終わってから入場、これは国際社会の常識だと思います(・・・つうか、日本の結婚式だっておんなじですね)。

そして、チャンネル7のカメラの前には、いよいよ我らが小泉さんの姿が・・・。ところが、小泉さんは、何を勘違いしていたのか、たったの一言、
「どうも、こんにちわー」といつもの調子で、すーっと中に入っていってしまいました。プリンセスお二人は、ビックリして顔を見合わせ、苦笑いと共に暫くの沈黙の後、
「えっ!?これだけ・・・・なの?」
音声は聞こえませんでしたが、お二人が口に出したであろうセリフが聞こえてくるようでした。もしも、みのもんたさんが吹き替えをやっていれば、「マジ?」と最後に付け加えていたはずです。恐らく小泉さんは、お二人が王室の人間であることにも気づかず、会場に入り、ワインを飲んで、そのまま帰ってしまったんでしょう。きっと、あの後も、こう思っていたんじゃないでしょうか。
「今回も大成功だったなあー。やっぱり、俺って天才?」

日本に憧れて留学した東南アジアの学生たちが、日本で受けた様々な差別待遇から帰国後、反日になってしまうという話を聞いたことがあります。彼らは数十年後には、その国の指導者層の人間になる可能性もありますから、これは深刻な問題かもしれません。
まあ、それでも、いくらアジアの国の一部にギクシャクとした関係があるからといって、隣のテーブルに座って食事をするのもイヤだということはないと思います。
ところが、ここに白人、黒人、アラブ人らが入ってくると、話は一段とややこしくなってしまうのです。

       <以下次号>
[PR]
by phuketbreakpoint | 2006-01-20 16:13
スウィートレストラン(以下SR)というスーパーなお店が、ブレイクポイント(以下BP)と対峙するように真向かいで営業しています。
ローカル・タイフードを名乗るこのお店は、味は特別なものはありませんが、お客さんだけは、いつ見ても、よく入っています。恐らく、サボイ・シーフードのような、ビーチロードに面した大型店を除けば、パトンビーチで最もお客さんが入っているお店ではないでしょうか。津波の前までは、どんなに人が少ないローシーズンでも、常にテーブル数の半分はお客さんで埋まっていました。
わたしがBPを始めたのも、このレストランに影響を受けたからで、ここと同じように、お客さんをガバガバと入れて、お金をガッポガッポと稼ぎたい、そう思ったからこそ、わたしはBPの経営を自分でやり始めたわけです。
 
前オーナーの時代まで、BPは、アメリカン・プールバーというスタイルで営業していました。外から見ると、ちょっと如何わしい雰囲気で、入りづらいムードがありましたから、わたしが手を加えれば、お客さんは簡単に集まる、そう甘く考えていました。大甘でしたね、本当に。お土産屋のサウスロードも、ようやく軌道に乗った頃で、「自分には経営のセンスがある」等と、一人よがりしていたわたしの鼻を、ボキボキとへし折って、叩きのめしてしまったのがBPでした。

BPが新規オープンしたのが、今から4年前の2001年の12月17日です。これといって、何のプロモーションもかけていませんでしたから、当然お客は入りません。友人の日本人女性が白人の友達と一緒に来てくれたのが、この日唯一のお客さんでした。
一方、その頃のSRは壮観でした。当時のゼネラルマネージャーが隣のホテル「スマイルイン」のGMも兼ねていましたから、そちらの店頭にも臨時のテーブルを増設し、正規テーブルと合わせて約60テーブル、200席以上、これがハイシーズンには連日ギッシリとすし詰め満席で、入りきれないお客さんが立って順番を待っているのが当たり前になっていました。

BPは、開店後数日が経過しても、一向に上昇する気配を見せず、お客さんが座っているテーブル数のスコアは、SRが60に対して、こちらはゼロ。トップシーズンの真っ盛りだというのに、誰一人としてテーブルに座っていないガラガラのBP。それでも、何とかお客さんを入れようと、みんなで交代して、店頭に出て、客引きをやりました。

とりあえず、わたしも含めて全員で、くじ引きです。負けた順から2人1組になり(1人だと余りにも辛過ぎて、やってられません)、各組15分づつ交代で客引きをやりました(本当に辛かったなあ、あれは・・)。
単に、うちのお店が、ガラガラというだけなら別に気にすることはありません。しかし、真向かいにはSRが、60テーブルに、お客さんギッシリで、こちらを見ている(ように、こちらからは見える)わけです。
正に針のムシロ。
わたしは、オーナーとして本当に情けなく、恥ずかしく、穴があったら入りたいという思いで、よく隣のサウスロードを見に行くふりをして逃げ出していました。

この時の料理長は、日本人の秋口さん(仮名)でした。彼は、わたしが自分で探してきたコックさんですから、誰にも責任転嫁することはできませんが、この人の欠点は、タイ人を寄せ付けず、自分一人で全部やろうとする事でした。日本の厨房で、よくあるスタイルともいえますが、サポート役に用意したタイ人は、彼を怖がって厨房に入ってくれません。新しくタイ人のコックを雇おうとすると、秋口さんは、「いらない」といってこれを潰してしまいます。それで厨房がちゃんと機能していれば、こちらも文句はなかったのですが、わずか4-5テーブルのお客さんでキッチンは渋滞し、散々待って出てくる料理が、「美味しくない」と文句を言われ、わたしのみならず、ホールの女の子たちも、実に辛い日々を過ごしていました。

結局、秋口さんには三週間で辞めてもらいましたが、そこから新しいコックさんが来た2月2日まで三週間以上も、シロウトのわたしと、スタッフの男の子2人(注、コックではない)で厨房を回していたんですから、本当に恐ろしいお店だったと自分でも思います。その時、食べに来てしまったお客さんが、もし読んでいらっしゃったら、この場を借りて改めてお詫び申し上げます。しかし、考えようによっては、リゾート地のレストランで、シロウトが作った料理を食べるなんて経験は、なかなかできるものではありません。ラッキーじゃないですか。

その後、新しくタイ人のコックさんを迎えたあたりから、少しづつ上昇し始めたBPですが、結局津波でお店を一時閉めるまでの3年間で、SRに対して1勝もあげることができず、1000以上の連敗を続けていました。そんなBPも、2005年2月27日に再スタートを切ってからは、SRのパワーダウンもあり、少しずつ、この差が縮まっていきます。

あれは去年の6月中旬頃だったでしょうか。BPは、いつものようにガラガラでしたが、ふと前を見ると、あのSRが、うちに輪をかけて閑古鳥が鳴いています。
「おっ、もしや、これは!」
1つ、2つ、3つ、4つ・・・・・・SR4ポイント。
1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ・・・・BP6ポイント。
テーブル数をカウントすると、なんとBPの方が多いではないですか!
こういうことは、今までにも何度かあることはあったのですが、その後、あっさり逆転されて、終わってみればSRの大勝というのが、いつものパターンでした。ところが、この日のSRは、まったく伸びを欠いて、とうとうBPが逃げ切ってしまったのです。

「ということは、もしかして・・・・」
まったく感動のない、地味な初勝利でした。大津波による、思いもかけない不良馬場に足を取られた絶対本命馬SRがモタついているうちに、未勝利のドン尻人気BPが大穴を開けてしまったような話でした。しかし、これは単なるフロックではなかったようです。オーストラリアからのツーリストが来始めた6月末あたりから、平均して週に一度、多いときには二度ほど、BPが勝てるようになりました。

こんな流れで迎えた2006年1月1日。
毎年1月1日は、BPにとって縁起の良い日とは言えませんでした。朝からSRに、お客さんを次から次へと、かっさらわれて大差がつき、その流れが夜になっても、ずーっと続いて、BPは、なす術もなく、指を咥えて呆然と眺めるだけ・・・、になってしまうのです。そのうちに、SRに座りきれない人達が、仕方なくBPに流れてくるパターンが厳然としてありました。

ところが、今年は違っていたのです。
お昼に大差をつけられたのは、いつもと同じでしたが、夕方から巻き返し、宵の口では、こちらが完全にリード。勢いに乗ったBPは8時ごろには、中も外も、完全にフルハウスで、予備テーブルも、全部出してしまいましたから、もうこれ以上、どこにもお客さんは入れられません。それだけでも、BPの歴史の中では快挙といえますが、このとき、入りきれないお客さんが仕方なくSRに入っていくという「逆流現象」が初めて起こりました。その後、SRも盛り返し、逆転されてしまいましたが、大差をつけられることなく、堂々ガップリ四つに組んで戦いきることができました。

更に、ここからが特筆ものですが、うちの場合、これだけお客さんが入ってしまうと、厨房がパンクして機能せず、さんざん待たせたお客さんが、ついに我慢しきれず、怒って帰ってしまうことが何度かありました。しかし、この夜は、ちょっとだけ、もたつく時間はありましたが、ついぞ最後までパンクせずに持ち堪え、閉店までキッチンが機能し続けたのです。わたしは、これを見ながら、つくづく思いました。
「よくぞ、ここまで、育ってくれた・・・」

お店の経営は、子育てと共通するものがあるのかもしれません。
オギャー、オギャーと泣いてばかりいた、寝たきりの赤ちゃんBPを、付きっきりで面倒みているうちに、この子は、ハイハイするようになり、立ち上がって2本足で歩き始め、今や他の子と一緒に、かけっこができるようになりました。わたしは、この子には、いつも勝ち続ける優秀な人物になってほしいとは考えていません。
「何をやらしても、大したことないけど、あいつと一緒にいると、なんか楽しいんだよなあ・・・」
仲の良い友達から、そう思われるような、そんなブレイクポイントに育ってほしいと、わたしは願っています。
[PR]
by phuketbreakpoint | 2006-01-07 11:31